2019年7月15日月曜日

ちょっぴり気怠い三連休最終日の夕方にシベ1が沁みる

三連休も最終日。福岡の姉家族を上越妙高駅まで送り、帰宅した。
なんだかんだと出掛けることも多かったりで疲れた。
七味を入れて三人のきょうだいが集まって、なんてことはこれまでありそうでなかった。こんな風に集まれるのは、もしかしたら最後かもしれない。
以前は祖父母に父母、きょうだい3人の7人で暮らしていた我が家。今は3人暮らしで、まあそんなに寂しい感じも無いが、やはり8人が揃うと賑やかなことこの上ない。昔の活気が一瞬戻ったようで懐かしかった。

お客用の寝具を片付けて、ようやく一息つく。
聴くのはシベリウスの交響曲第1番。
先日、朝の通勤時にラトル/バーミンガムの演奏をFMで久しぶりに聴いた。
今日は手持ちのディスクからペトリ・サカリ/アイスランドSO.のナクソス盤を。
録音のせいか、やや音が荒く感じるし、スケールも小振りな印象。その分、厳しさのある演奏になっているか。
冒頭のクラリネットの旋律。仄暗い、嘆息を思わせるようなそれでいて光明を見つけようとするような感じがスッ、と心にしみる。第4楽章の冒頭ではこの旋律が弦楽器でやや力強く歌われる。
ちなみにラトルのシベリウス、持っているのはフィルハーモニアO.との5番だけ。七味的には数ある5番のなかでも屈指の素晴らしい演奏。

以前、ウルルン滞在記という番組があって、日本の大学生がプロオーケストラの演奏会で、このシベリウスの1番の第3楽章にあるシンバル一発だけを鳴らす。なんてぇのがあったと記憶している。
記憶が定かではないが、この時のオケはラハティ響、指揮はオズモ・ヴァンスカであったと思う。
ただ、ネットには全然出ていない。記憶違いだったか?
可能ならもう一回観てみたいものだ。

音の方はというと、先週以来、EQの高域を少し持ち上げ、SPの内振り角度をほんの僅か開いたくらい。ようやっと以前の艶やかさが戻って来た印象。高域のノイズ感も気にならない程度に。ちょっとコレで今週は様子をみてみようと思う。
ただ、Kazuさんのところがコンセントを変えて、大きく音質が向上したという事で、やっぱりそのうち追加の工事はお願いしようかと思っている。

NAXOS 8.554102

EMI  CDM  7 64737 2

2019年7月14日日曜日

梅雨時のラフマニノフは・・・

3連休の中日。天気予報の通り午後から雨が降りだしてきた。
今日は兄妹(姉)3人と姪、それに妹の旦那の5人でグループホームに入所中の母のところに行ってきた。母はおかげ様で元気。昼食後ということもあり気持ちよさそうに午睡中。
そのあと、ご馳走のカニを買いに能生まで車を飛ばし、今しがた戻ってきたところ。
3連休ということもあって、高速、国道とも県外ナンバーの車が目に付く。
今日は我が家で3家族8人で食事会。カニと旨い寿司をたらふく頂いた。

このところラフマニノフのコンチェルトや交響曲を聴くことが多い。湿っぽい空気が妙にラフマニノフとマッチする。
帰ってきて最初にCDPのトレイに載せたのはラン・ランのコンチェルトの3番。テミルカーノフとサンクト・ペテルブルク・フィルの伴奏。テラーク、2001年ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ録音。だが聴衆のノイズは皆無。
この曲、長らく愛聴盤はガヴリーロフとムーティ/PHIのディスクだったが、このディスクを買ってからはこちらを手に取ることが多くなった。初めてラフマニノフの音楽を聴いたのはこの曲だったかも。
この頃のラン・ランにはなんと言おうか、唖然とするようなテクニックを持つが演奏中にニヤニヤと笑ったり過剰とも思える陶酔的な表情をしたりとちょっと変態的なピアニストという印象を持っていた。が、それも昔のこと。今では立派な世界的ピアニストだ。
この演奏でも圧倒的な技術を見せつけるだけでなく、しっとりとした抒情も上手く表現しているように思う。

3番のコンチェルトは冗長なところもあってか2番に比べると人気的には落ちるようだがスケールも大きく、ピアノ付きの交響曲のようでもある。
憂いを帯びた旋律満載で、ラフマニノフ好きには堪らない一曲。

TELARC CD-80582


EPを引っ張りだして聴いてみた

夕方、姉と姪が来越。上越妙高駅まで迎えに行ってきた。駅東口の前の広場にビヤガーデンが。
何だか楽しそうだが、もちろん寄ったりはせずに帰ってきた。

我が家にはシングル盤レコードが25枚ほどある。昔、兄妹(姉)が買ったものだ。ただシングル盤を聴くにはドーナツ盤用のアダプタが必要。先日、柏崎に行った際、HOに寄ってアダプタを購入。ようやく聴けるようになった。
KP-1100を使うようになって初めてシングル盤を再生する。
オフコースやサザン、YMOに中島みゆき・・・。懐かしいものばかり。クラシックと違ってノイズも気にならない。

夕飯は町家を改装したレストランで3兄妹(姉)の家族が集合しての食事会。美味しい料理に美味しいお酒。健康についてばかりだが、話も弾む。
帰りは妻の運転で帰宅、と思ったら駐車場を出る際、縁石にサイドシルを擦るアクシデント。酔いが一気に醒めた。途中に立ち寄ったコンビニで恐る恐る見てみると、結構な抉れ具合。ボディに凹みは無いようだが、七味の心は大いに凹んだ。
さすがにこのまま、とはいかない感じなので明日、ディーラーで見てもらおうと思う。

良く見ればSONY製
200円くらい 


2019年7月13日土曜日

今週も悪戦苦闘

仕事に、趣味に悪戦苦闘中。
仕事は忙しい割に収益に結びつかず、何だかモヤモヤした一週間。それでもクライアントが笑顔でいてくれるならそれで良いか、と思う事にした。クライアントの笑顔が七味の仕事の活力、ではある。

オーディオの方は相変わらず音が決まらないまま、どうしようかと思案中。思案しているばかりでなかなか決定的な行動には移せなていない。
良かれと思って電源工事をやったが、今のところまだ満足のいくところではない。音が変わったことは変わったが、もう少し音の艶が出てはくれないものか。

さて、今週は兄妹の家族が大集合、する。総勢8人。普段3人で暮らしているのでかなり賑やかな集まりになりそう。もてなしにも気合が入るというもの。今朝も早くから家の片づけや布団の準備などで汗をかいた。
来週はしっかりお休みできそうだけれど、その次の週は娘の進学に向けて希望する学校のオープンキャンパスに妻と娘を送っていかなければならない。県外の学校だが、長岡に迎えのバスが来るという。ただ出発時間が朝の6時30分頃というので、早朝5時にこちらを出なければならない。長岡に前泊も考えたが、その日が柏崎の花火大会にぶつかっていて長岡市内のホテルはどこも満室状態のよう。
現在高1の娘。進学まであと2年。オープンキャンパスも来年でも良いのだが、オリンピックがあるためオープンキャンパスもどうなるかわからないという。
オリンピック、楽しみではあるがこんなところにも影響している。


2019年7月7日日曜日

今週もクタクタ。

今週は職場体験に来た中学生にお話しするのと他部署から頼まれた講演があって、準備も含めクタクタのグダグダ。疲れ切ってすっかり電池切れ。アレコレと音楽を聴いている暇もナシ。
電源プラグと接点のクリーニングのあと、随分と出音が変わって聴きなれた(好みの)傾向になってきたというのに。

ただ、こうなるとまた、欲もでてこようというもの。
ベカベカのコンセントボックスをどうにかしたい。ノイズフィルターのついているクラシックプロのコンセントボックスを使えないかと考えている。
その前に、幸せの黒い猫さんからホスピタルグレードのコンセントボックスをお借りできたので、まずはそちらを試してから、ではある。
今週は法事だし、来週は福岡に住む姉夫婦がやってくる。早速に送ってくれた幸せの黒い猫さんには申し訳ないが、もうちょっと先となりそう。

ということで今日は妻の実家まで法事に行ってきた。
クルマを高速道路を柏崎に向かって走らせていると佐渡島がクッキリと見えた。こんなことは珍しい。


ちょっと小さいか・・・

望遠で
奥に見えるのは大佐渡山地か?手前は小佐渡山地?




2019年6月29日土曜日

電源工事からまもなく3週間だが・・・

オーディオ専用電源の工事からまもなく3週間が経つ。
平日に音楽を聴く時間はあんまり取れないのだけれど、ここまでの感想・印象などを。

工事直後に比べて出音の変化は少ない。もう少し化けるかと思っていたが、未だに何だかくすんだようなパッとしない音のまま。高音域のガサガサした感じも気になる。何がいけないのか?
帯域間のバランスが崩れてしまったようだ。
こんな時は基本に立ち返ってみるべし。

ということで、接点のクリーニングなんぞをやってみた。復活剤といったものは使わずにアルコールを浸した綿棒とガーゼでのクリーニング。
それから、ダメ元で電源プラグの抜き差しを数回。さらにネットで調べてみるとプラグのクリーニングも効果ありとのことで、こちらも貴金属磨き用のクロスで拭いた後乾拭き。拭いてみるとコレが結構真っ黒になるもんですね。
イヤー、効きます効きます。随分と音が明るくなった印象。激変とまではいかないが随分と変化する。少しだけ工事前の出音に近づいてきたカンジだ。あとはも少しEQで高音域のバランスを調整するかな。
クリーニングのあと取り出したのはチョン・キョンファのディスク。お気に入りのディスクが気持ちよく鳴ってくれることがウレシイネ。

さて、梅雨入りのあともそれほどジメジメとはせず過ごしやすかったがここにきて随分と梅雨らしい天気になってきた。こうなってくると紙コーンのバークレイは音が重たくなってくるからイヤだな~。



2019年6月23日日曜日

Previn / PIT Rhapsody in Blue

夏が近づくと、なんだかラプソディ・イン・ブルーをはじめとしてガーシュインの音楽が聴きたくなる。
LPではプレヴィンを2種所有している。
今日はそのうちのピッツバーグを弾き振りしたフィリップス盤を。追悼の意を込めて。

ジャズとクラシック両方のジャンルで成功した稀有な人。
そのジェントルな音楽の語り口を嫌い、という人は少ないのではないか。
ピッツバーグとのガーシュイン、以前は何だかモッサリ(特にオケが)とした演奏という印象だったが、久しぶりに聴くとなかなかに良かった。インプレッションはその時々で変わるもの。あてにはなりませんな。

今日は朝から障子の張り替え。とは言ってもまだ障子紙を剥がしただけ。これから貼り付け作業がある。腰が痛いところにこの作業は結構堪える。次回からはシルバー(人材センター)さんにお願いしたいところ。