2020年2月26日水曜日

悲しくても・・・腹は鳴る

 ブログでは特にお話ししてませんでしたが、かねてよりガンを患い闘病を続けていた妹が今日、亡くなりました。享年47歳。早すぎると言わざるを得ません。

仲のよい兄妹ではありませんでしたが、やはり辛いものがあります。昨夜遅く、12時を回ったころに妹の連れ合いから連絡があり、妻とともに病院に駆けつけましたが妹の最期には間に合いませんでした。
その後、霊安室へ運ばれ、そこから葬儀社のクルマで自宅へと帰ることになりました。自宅で遺体を運び入れる手伝いをし、ざっくりと葬儀の打ち合わせをして我が家に戻ったのが2時半頃。寝ようにもなかなか寝付けずにそのまま夜が明けます。
忌引きを取得し、業務の引き継ぎをするために出社。その前に親戚に訃報を伝えます。結構時間を取られ、身支度もそこそこに出勤。
忌引き諸々を終えて妹の住んでいた家へ。葬儀の日程も決まり、参列者やお供えの確認を姉や親戚の皆さんと電話やLINEで。
一段落したところで辞して、帰宅。

一息ついたせいか、盛大にお腹が鳴った。そういえば朝から何にも口にしてなかった。
ラーメン屋に入り、出てきたラーメンをすすりながら泣けてきた。何だか泣けてきた。妹を失った悲しみ、そんな時でも腹が減る自分の滑稽さ、何でか美味いラーメン・・・。なんだかぐちゃぐちゃで整理がつかない。

喪主である妹の連れ合いをはじめ、先方の家の方々をできる限り手伝って、妹を無事に送り出してあげることが、今の自分にできる精一杯のことと思い、もう少し頑張ろうか。
でも少し寝させて・・・。あ、連絡入れて歯科も行かなきゃなんないし。

2020年2月24日月曜日

リスニングルームの伝送特性

連休も最終日ですが、暇なので忘備録も兼ねてEQのことを書きます。

我が家ではデジタルEQによるリスニングルームの伝送特性の補正を行っています。使用しているベリンガーDEQ2496にはオートイコライジング(AEQ)機能があり、好みのカーヴを指定するとピンクノイズをマイクで拾って測定し、補正してくれるのです。この時、七味は全帯域がフラットになるように指定しています(画像1)。
この時、左右のチャンネルをそれぞれを測定・補正します。
左右それぞれの伝送特性を別々に測定・補正することで結果、定位が良くなるのです。
カーヴ上、●(反転していて白色)が左チャンネル、〇(中が黒色)が右チャンネルとなります。

フラットになるように測定・補正した結果が画像2になります。画像2を上下に反転させてみますと、フラットになるようにしたときの部屋の伝送特性が得られます(画像3)。
ここで得られたカーヴを基に、好みのカーヴを作ります(画像4)。
さらにパラメトリックEQ(PEQ)で中音域を中心に削るようにしています。
クラシック音楽を中心に聴いている七味にとっては低音域から高音域へ緩やかに右肩下がりのカーヴとなるようにしています。
実際に聴いてみますと、EQカーヴは1000Hz以降の高音域がだら下がりですが、PEQで中音域を削っていることもあってか張り出しは十分と感じられます。
測定すると、左右でかなり差があることと周波数で左右が逆転しているのが判ります。特に160Hzと200Hzでは左右が逆転しているのに加えて、右チャンネルで15dBほど開きがありますがコレはあまり気にしないでいます。大事なのは左右で逆転の方。七味はコレが定位の乱れに繋がると考えています。
最後に、好みに設定したカーヴ(画像4)ですが、こうして見比べてみるとザックリとではありますがAEQで測定・補正した結果(画像2)と似ていることに気が付きました。あくまでザックリという話ですが。
よく全帯域をフラットなるように再生、ということを耳(目)にしますが実際、画像2の状態で聴く音楽はギラついた感じで長い時間聴き続けることは七味には困難です。0dBより持ち上がっている周波数帯は無理に持ち上げていることもあって不自然さがありますね。そんなわけでフラット再生、七味はちょっと賛成しかねる、という立場です。


画像1 
AEQの設定。フラット(0dB)となるように設定する。

画像2
フラットとなるように補正した結果。
20Hzと20kHzの上昇はマイクの特性(音が十分に拾えてない)の結果と思われる。

画像3
画像2を上下反転したもの。文字が反転していて見づらいが100Hz付近と630Hz・800Hz付近にピークがある
2000Hzより上の帯域が高いのはSPの特性とも一致している

画像4
測定・補正結果(画像2)を基に作ったEQカーヴ。100Hzと800Hz付近を削り、2000Hzから上を緩やかに下げている



2020年2月23日日曜日

風邪も随分と良くなって

ヒドイ鼻風邪は熱もそんなに上がらず37.8℃でその後は解熱。今朝はほぼ平熱の35.3℃。平熱が低い七味故に37℃は結構キツイ。熱も下がり身体の怠さもかなり楽になった。
朝にはトマトジュースを使ったミネストローネスープを(自分で)作って頂いた。鼻詰まりと鼻汁も頂いた薬が奏功してか気にならない。
昼は妻がお肉を食べたいというので、市内のチェーンの焼肉屋さんへ。風邪ひきのときはお肉(もちろんお腹を壊していなければ、ですが)というのが我が家にはある?のです。肉が良いのかニンニクや漬け込みダレに入っているであろう生姜や果物がよいのかわかりませんが、勝手に風邪に効くと思っています。
そんなわけでニンニクたっぷりで頂きましたのでかなりお口がクサいですが仕方ないです。
まあ、一番の効果は風邪に効くという思い込みでしょうか。

新型コロナウィルス感染の流行は市中での感染の様相を呈してきて先が見えません。いつ、どこで感染してもおかしくない状況です。マスクの不足も菅官房長官が1億枚を、と言っていましたが未だ品不足が続いています。一人一枚にも満たないのではお話になりませんね。必要とされるところに行き渡らないのでは、ね。
クルーズ船から乗客を下船させた後隔離措置を取らなかったり、検疫に従事する厚労省職員や医療関係者に検査を行っていなかったりと、対応のお粗末さも露呈しています。
政府が情報を隠しているのでは?といったデマに近いようなSNSの発信があるなど、情報を取得する側にも冷静さが求められます。すでに万単位の国内感染者がいるのではないかと指摘する専門家もいます。
これまでの内閣の振舞い、モリカケに桜、公文書に領収書におけるヒドイ対応がそうさせているとも言えますね。政府の発表が信用できない気持ちも分かります。
七味もマスク、一応して外出していますが、その効果はしていた方がマシというレベル、と言われています。人混みの多いところにはしていきますが、出勤時などはしていません。気休め程度と考えていた方が良いと思います。
大切なのはやはり”手洗い”と”うがい”だという事です。

市中感染というと保菌者の咳で飛び散った菌を吸い込んでしまう飛沫感染が思い浮かびますが、忘れてならないのが接触感染。保菌者が触ったものに触れることで感染すること。これが怖いなあと感じています。
以前、こんなことがありました。
ファミレスで、ビュッフェ形式のサラダバーがありました。七味の前に並んでいた男性が鼻を啜っています。指で鼻や鼻の下をしごいたり指をあてて啜っているのです。その次の瞬間、その手でサラダのトングを掴み、ドレッシングのお玉を持ったのです。
ギャーー!オエェ~~、勘弁して~~~!ですよね。サラダは諦めて、店員に用具の交換をお願いしました。

まあ、自己防衛しかないでしょうね。って今日焼肉食ってきたお前が言うかって話ですケド。

少しオーディオと音楽の話を。
昨日、うな君から借りたワーグナーのBOX。中々の充実っぷりで立て続けに聴いている。ハイティンクのタンホイザーにカラヤンのマイスタージンガーなど初めて聴くものばかりで楽しい時間を過ごしている。
音にもう少し中音域の張り出しが欲しいと思い、EQで持ち上げてみた。声の輝かしさみたいなものが増したが、ちょっと耳疲れしないでもない。これはもう少し時間をかけての判断となりそう。


2020年2月22日土曜日

再びの風邪~ 参りました

もう2月もそろそろ下旬に入ろうかというところ。先日、新潟にも春一番が吹いたらしいのですが、その後、天気予報通りの雪。3月下旬かと思うほどにベチャベチャと水分を含んだ重たい雪。あともう一回くらい降るのだろうか。
今年は全体に気温が高く、雪が降っても重いし、ほとんど積もらず。かと思えばとんでもなく冷え込んで路面は凍結、といった具合。まあ文句は言えませんが。

木曜日、帰宅後いつものようにビールで晩酌したあと、録画したドラマを観ながら大号泣。鼻水すすりながら観ていたが、いやどうも鼻水の量が半端ない。かんでもかんでもズビズビと出てくる。そのうち両方の鼻が詰まりだし鼻呼吸ができない。しまいには右の目の周りや歯も痛くなってきた。その日はあまりの痛さに熟睡できず。
翌朝、耳鼻科に行き副鼻腔から膿を吸い出してもらうと少し楽に。抗生剤と鼻水を出しやすくする薬を処方してもらい仕事へ。
朝からどうも熱っぽいのだが測ると36℃台。お昼を食べて少し横になったものの怠さはある。熱を測ると37℃台に。まだまだ上がりそうな気もして早退。37.8℃まで上がって解熱はしたものの身体の怠さは残る。
思い出されるのは先月、寝込んだそのあとにギックリ腰になったこと。またなってしまうんじゃないかと震えている。結構なトラウマです。
一応、入念にストレッチはしているが、やっぱり腰から臀部にかけて張っているようである。

そんな中、イトコのうな君が来てくれた。お願いしていた旧EMIのワーグナーBOXを持ってきてくれた。わずかな時間の滞在ではあったケド、ウレシイもの。
早速、タンホイザーから聴いている。

そうそう、処方箋を貰って調剤薬局へ行ったときのこと。受付けをすると番号札を貰った。で、待っていると”○○さ~ん。○○ ○○さ~ん”と声が。オイオイ、番号で呼ぶんじゃねえの?番号札の意味ないよね?
以前にも、うつを患っていた時、別の病気で調剤薬局に行った際にも、大声で薬局中に響くように”うつ病の具合は如何ですか?”と聞いてきやがった。ウルセー。テメエには関係ねえんだよ。何でそんなことを他の客にも聴こえるように言うんだよ!バカヤロメ、このヤロメ、と心の中で吐き捨てながら薬をもらったことがあったな。
調剤薬局は嫌いです。大嫌いです。

さて、三連休。体調を整えねばならぬ。ぎっくり腰だけはヤメテね。お願いします。

2020年2月16日日曜日

今日はすっかりたそがれてます 

昨日は何やかんやと忙しなく過ぎてしまったので、今日はゆっくりと音楽を楽しんでいます。
だいぶ動けるようになったとはいえ、やっぱり腰は痛いし、歯も痛い。先週、突如として痛みだした右肋骨下。最初はその部分を押すと痛いだけだったのが、次第に深く息を吸っても痛くなりだし、運転中など身体を捻っても咳をしても激痛。きっと指環の呪いに違いない。呼吸も浅くなりがちで何だか肩も凝るし、腰にもよろしく無かったが、この週末はほとんど痛みなく過ごせた。

ワーグナーの楽劇「神々の黄昏」は「ニーベルングの指環」四部作の第3夜にして最終話。ようやくここまで来ました。
ヤノフスキの旧盤は歌手は豪勢でも指揮と演奏はパッとしないなどと言われ評判は今一つですが、七味はこれしか持っていないし、知らないのでコレを。
真面目で音楽にパッションがない、とか全体に音楽が薄く、アッサリしているといったレビューが目に付くけれど七味的にはこれはこれで結構盛り上がっているんじゃないかと思います。他の演奏はもっと凄いってコト?ちょっと気になりますね。
昨夜のEQ測定・補正の効果なのか良い音で鳴っている。歌詞や話の筋はよく分からねど面白く聴けている。
そういえば昔、その年のバイロイト音楽祭の実況を年末の深夜にNHKFMで放送するのが恒例であった。バイトがあって帰省できなかった七味はみんなが帰省してひっそりとしたアパートで夜中、酒を飲みながらエアチェックしていたっけ。懐かしい思い出。



2020年2月15日土曜日

オーディオはいろいろと調整が必要で・・・

先週は火曜日が祝日でラッキーだった。そんな中飛び込んできたニュースが槇原敬之の逮捕。覚せい剤使用の容疑らしい。
末端使用者の逮捕報道何かよりは、それを売る方、供給する方の逮捕、といった報道の方が重要ではないかといったSNSの発信がみられるがその通りだと思う。
まだまだこの件に関しては不明なこと(体内から違法薬物が検出されていない、など)が多い。なんでも彼は今年、デビュー30周年だそう。七味が学生の頃から就職したてのころはCDも買ったりして良く聴いていた。残念、というよりは、どうしても止めようとしても止めることができない薬物の恐ろしさに戦慄を覚えてしまう。

先週末来、ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」をネット動画で観る(或いは聴く)ことが多かった。ヤノフスキの旧盤を廉価盤で持っているものの、なんとなく物足りなさを感じてもう一組、二組くらい聴いてみたくなってはいるがこれと言った出物が無い。決して安いものでもないし、ここは慎重に選びたいところ。寝しなにyoutubeでショルティやカラヤン、ベームにクナなど流しているがどれも良いと感じている。

先週、プッチーニをレコードで再生してみると、どうもチャンネルの偏りがあって聴いていてもどうも面白くない。パワーアンプの右チャンネルがわずかながら絞ってあるのを発見。いつからそのようになっているのかわからないが、もしその状態で測定・補正がされているとその分、右チャンネルに補正が掛かり過ぎて結果、出力が大きくなっている可能性がある。
念のためプレーヤーの水平を測ってみると、水平にはなっていない模様。以前はコレで良いと感じてたのに・・・
革製シートを脚の下に挟んで調整した。
この他にもEQのディスプレイを見ると50Hzにわずかにハムがある。以前はあったが、デノンのプリメインをフォノEQにした際には無かったように記憶しているが、いつから?ただ-110dBほどなので聴くのには気にならないレベルのもの。でも視覚的に見てしまうと気になってしょうがない。
合わせてフォノEQとして使っているデノンのプリメインとプリのマッキントッシュのRCA端子をクリーニング。100均で購入の貴金属磨きクロスでコシコシすると薄っすらと黒くなる。結構汚れていた。端子はもっと汚れているようだが、クロスでの磨き上げには限界がある。

さらにさらに今日は、前述のこともあり、年末に一度やってはいるのだけれど、もう一度オートEQによる測定・補正を行った。一応、測定・補正しカーヴも作ってはみたものの夜9時をまわりタイムオーバー。さらなる検証は明日に持ち越しとなった次第。

今日は、福岡の姉が、東京で一人暮らしをしている姪と一緒に妹のところに来る、というのでその迎えに新幹線の駅に行ったり、その前には接骨院、さらに歯科も受診と慌ただしい一日だった。
腰はまだ痛いし、何故か肋間神経痛も併発。さらには治療途中の歯も痛いと踏んだり蹴ったりな感じではあるが、それでもこうして慌ただしくとも動けるようになったのは嬉しいもの。久しぶりに姉や姪、それに妹にも会えたし、こんなに充実した週末も久しぶり。

2020年2月11日火曜日

ふと思い立ってワーグナー

今週はずっと荒れた天気の当地。今朝も窓を開けてみると薄っすらと雪化粧。
日中はまだしも、朝方は路面が凍結しており、転ばぬようにソロリソロリと歩いている。特に職場の駐車場は凍結しやすく、過去に2度ほど転倒している。とにかく腰に来ないようにしたい。
腰に来る、といえば要注意なのはくしゃみ。前回のギックリ腰はくしゃみでなった。くしゃみの衝撃を腰が受け止めきれなくてなった、と接骨院の先生。咳も危ないですよと。
そんなわけで、いつにも増して慎重に、咳が出そうになると、何か物につかまってするようにしている。同僚からは”すっかりおじいちゃんじゃないですか!”とからかわれるが、格好つけている場合ではないので涙を呑んでスルー。
長時間、音楽を聴いている=座りっぱなし、ということになってしまうので、適宜、腿からお尻のストレッチをするようにしているが、もうすでに硬いのでこれが結構痛みを伴って大変。

さて、突然リング(ニーベルングの指輪)が聴きたくなった。リング全曲はヤノフスキ/SKD盤しかないが、全曲を聴き通すだけの”ずく”もなく、クナとショルティのワルキューレ第一幕と第三幕のCDを聴く。
フラグスタートによるジークリンデとブリュンヒルデが聴きもの。

昨日、名ソプラノ、ミレッラ・フレーニの訃報が届いた。現役を退いてかなり経つと記憶している。当たり役のミミはなんとも儚く、可憐。
ということで、カラヤンとのラ・ボエームから。パヴァロッティともども素晴らしい。
ご冥福をお祈りいたします。

豪Eloquence Decca 4801892

Decca 440 412-2