2019年12月8日日曜日

BALALAIKA FAVORITES

昨日の朝は5時ごろにあまりの寒さに目が覚めた。起きてみると毛布一枚きりしか掛かっていない。そりゃあ、寒いわけだ。そんなわけで何だかお腹がゴロゴロして痛い。
などと言いつつも、遅ればせながら娘の誕生日のお祝いにお昼にお寿司を食べてきた。きときと寿司。ここは市内の回転すしのお店でも少々値が張る部類に入るけれど、ネタの美味しいことで、今回のようなお祝いや何かで利用することが多い。寒ブリやカニ、蒸し牡蠣の軍艦などを堪能した。

さて、EQの微調整は続く。頭が凝ってくる原因としては800Hzから1000Hzあたりの張り出しだろうと検討を付け少し削ったのち、帯域間のバランスをとるために2000Hzから上のいくつかの周波数帯域も削ったことで、先日のハルサイもリラックスして聴ける感じに。

今日、ご紹介のディスクはマーキュリーの”バラライカの響宴”。演奏は、ヴィターリ・グヌトフ指揮オシポフ国立ロシア民族オーケストラ62年、モスクワ音楽院大ホールでの35mmマグネティックフィルムを使用しての録音。
マーキュリー録音陣が冷戦時代のソ連に乗り込んでのもの。ベルリンの壁建設(ベルリン危機)が61年、キューバ危機がこの年の10月。この録音は6月。なかなかに危うい時期の録音と言える。58年からソ連側と交渉を続け、62年の春にようやく申請が受理されたらしい。
この録音は気楽に聴ける一枚。どこかで聴いたことのあるロシア民謡が出てきたりして楽しい。
ジャケットの画像のこの大きな三角形の楽器がバラライカ。ライナーによるとこのほかにもドルマ、ホルン、グーズリといった楽器が使われているようだ。

Mercury 432 000-2






2019年12月5日木曜日

明日は雪らしい

いよいよ本格的に雪の季節。明日は平野部でも積雪となるらしい。
今日、仕事の帰りしなにタイヤの交換を済ませてきた。新品の冬タイヤ。いきなりの雪道本番となりそう。交換したスタンドでは外した夏タイヤの保管もしてくれるが、6000円とのことで積んで帰って来た。

SPの調整はまだまだ掛かりそうな感じ。聴いていると、やっぱり耳がボワ~んとして、首から頭が凝ってしまう。中~高音域のどこかの帯域が張り出し過ぎて圧迫感のある音になっているのだが、その帯域を見つけられないでいる。1000Hz前後と睨んで、EQで微調整の最中。
何とか年末年始までにはカタを付けたいものだ。

さて、NFLについて触れてこなかったが、NHKBS1の中継は録画して観てはいる。ただ、以前は週3試合の中継が去年から1試合となってしまい、寂しい限り。
我がシアトルは現在のところ地区首位。同率で49ersも首位に並んでおり最後までもつれそう。ここは何とか首位をキープして欲しいところ。
今年はボルティモアが強い。ぶっちぎりの攻撃力。しかも失点が少ない。スーパーボウル最右翼である。ペイトリオッツは、QBブレイディの衰えが見えて来たか?それでも強いのは変わりない。

今日は久しぶりにストラヴィンスキー”春の祭典”を。DGのブーレーズ/CLE盤で。この素晴らしい演奏が気持ちよく鳴ってくれる日はいつだろうか?



2019年12月3日火曜日

あー、風邪引きたい ヤンソンス追悼

仕事上のモヤモヤが溜まりに溜まり、心折れそうな今週。折れないまでもバキバキにヒビは入っているな。ストレス溜まりまくりである。
正直、仕事に対するモチベーションはどん底なわけで・・・。行きたくねーなぁ、仕事。ってなわけでタイトル。

月曜の早朝、付けっ放しで寝てしまったテレビからマリス・ヤンソンス死去のニュース。
本当にぶったまげました。まあ、昨年あたりから演奏会のキャンセルだとか、指揮したあとに倒れ掛かるようなこともあったと聞き、心配してはいたが、亡くなってしまうとは・・・。
ご冥福をお祈りしたい。

さて、当地上越はまだ雪が積もるまではいかないまでも随分と寒くなり、山のほうは白く雪化粧。
そうなって来ると、スピーカーのゴムエッジが硬くなりしばらく暖気運転が必要となる。暖房を使うとどうしても部屋が乾燥して静電気が発生しやすくなりレコードにはちょっと厳しい季節。でも乾燥はスピーカーのコーン紙が軽くなって音は良いという、結局プラスマイナス0なんじゃないか?
などと書いているうちにエッジも柔らかくなって、音に艶感が出てきた。

ヤンソンスを偲んで、若かりし頃のチャイコフスキーの交響曲全集から4番を。


2019年12月1日日曜日

DS Sym.11”1905” 

昨日は、妻がFS(フィギュアスケート)仲間と夜まで遊んでくるといって出掛けたので、娘と留守番。
娘も金曜にようやく学校に行ったものの、今週のほとんどを床に臥せっていたためか、すっかり廃用症候群。インフルで体力が落ちた上、寝ていて身体を使わなかったことで筋力も落ちてしまったようだ。来週からは定期考査。身体がしんどいだろうケド、頑張れ!

そんななか、七味はEQの微調整に一日を費やした。
バークレイⅡのセッティングをSPの左右の間隔はほぼそのままに内振りの角度を付けてみたが、そのままのEQカーヴでは中~高音域がモリモリして抜けが悪くなってしまい、聴いているとどうにも耳が痛いので削った。まだまだ調整は必要だがまあまあ聴ける出音にはなった、と思う。

先日のEテレクラシック音楽館での井上道義とN響のショスタコ11番の演奏会を観てからショスタコばかり聴いている。ロシア革命を題材にしている11番は、次の12番と並んで以前は、体制に迎合した革命賛美の曲のように言われ、駄作とまで評されていたが、最近はその評価も変わりつつある。
七味的には何よりもカッコイイ曲。いくらでも裏読み・深読みできるのだけれど、それは置いておいて、とにかくカッコいい曲なのです。
11番はそんなにディスクを持ってないのだがパパ・ヤルヴィ/エーテボリ響盤、それにベルグルンド/ボーンマス響盤が録音も良くて気に入っている。スタイリッシュさではヤルヴィ盤が持っているなかで一番かと思う。
演奏ではコンヴィチュニー盤やムラヴィンスキー盤の方が、より鋭く心抉られるのだが、いかんせんモノラル録音なのが残念なところ。特にコンヴィチュニー盤は初演後、間もないころの録音で何とも言えない底なしの怖さがあっておいそれとは聴けない演奏。

今日、妻と買い物に出掛けたが、スーパーの店頭にはすでにお正月飾りが。そうか、もう師走だもんね。令和元年もあと一か月か。

DG POCG-1043

EMI 5 73839 2
カップリングの7番も秀演

BMG BVCX-4028

2019年11月29日金曜日

今週は散々で・・・

寒い。新潟市は今日、うっすらと雪が積もったようだ。
今週は、娘のインフル騒ぎもあって、七味もクタクタ。何だか身体が怠く、関節も痛いのだが、熱は全く上がらないという状態。熱さえあれば堂々と有休を申請できるのに!とこの症状を恨めしく思いながらの一週間。
何とか仕事をこなして帰宅し、夕飯を済ませると早々に寝床へ、という生活。
週末のなんと待ち遠しかった事か・・・

そんなわけでオーディオには一切触れることなく過ごしたわけだが、そんな時にも脳内オーディオシミュレーション回路が働き、ああしてみよう、こうしてみようとなるから始末が悪い。
今日は幾分、体調が良いこともあって、帰ってから早速にスピーカーの内振り角度をもう少しつけてみようと思ってます。

この週末は少し大人しくしていようと思案中。

さて、ヒリヒリ・シリシリノイズ感。スピーカーのせいか?と前回書いたところそれはスピーカーのせいではないというご意見を頂いた。ちょっと言葉が足りんかったか、と反省。
スピーカーの仕様、もしくはセッティングの問題ではないか?と言いたかったのです・・・。
それで、セッティングを見直してみたわけです。
結果、それほどノイズ感は感じなくなったわけで・・・。
果たして、いまのところは、これまで気になっていたモノはノイズだったのか・・・?そんな疑問が湧いているところで御座います。


2019年11月24日日曜日

カナレ4S8導入から一週間 SPセッティングの見直し

インフルエンザで寝込んでいた娘も今朝は少し熱も下がったようでちょっと安心。明日もう一回近医を受診させるかな。

SPケーブルをカナレ4S8に変えてもノイズ感は大きな変化はナシ。音調も特段の変化はない。ただ、ノイズの違和感というか音楽とは異質な感じは少なくなったようで、音楽に溶け込むような印象に変わった。
そうすると原因はもしかしたらスピーカーなのか?やはりアンプか?。イヤ、両方なのか??
本来ならアンプをデノンにしてみてノイズの原因がアンプなのかを検証するのが筋なのだろうが、そのずくが今はない。
以前、一度、左右のSPを入れ替えてみたりもしたがノイズ感は変わらなかった。そんなわけで最近では、高域を受け持つホーンの仕様なのか、という気もしている。

で、今日はスピーカー位置の微調整をやっている。
以前から内振りにセッティングしているが、高域が突き刺さるように鳴るのが嫌でその角度をあまりつけていなかった。
スピーカーの内振り角度を強くしてフロントバッフルがしっかりとリスニングポイントを向くようにセッティングしてみる。ノイズはやっぱりあるし、気にならないというレベルにもならないけれど、楽器の音が力強く聴こえるようになった。
EQで帯域間のバランスを整えつつアレコレと聴いているが今のところは及第点。
ただ、なんだか耳痛な音で、肩も凝ってしょうがない。

忘れないようにこれを貼っておくことにする。バークレイⅡの周波数特性とアッテネーターの特性の表。2000Hzあたりから結構上がっている。これを参考に高域を下げてみた。



2019年11月23日土曜日

久しぶりのオーディオ三銃士ナリ~

アメリカはオレゴン州にホームステイしていた娘は金曜日の夜遅くに帰国。インフルエンザ症状のお土産付き。本日は妻に連れられ休日診療所へ。インフルの検査はマイナスだが、症状からインフルとみなした格好での治療となった。
そんな娘を家に置いて、七味はKazuさんとイトコのうな君のところへ。久しぶりのオーディオオフ会。
スピーカーをエラックに変えて以降、七味は2度目(前回はGWの前半だったっけ)だがKazuさんは初めての訪問となる。
天気もよく暖かで最高のドライヴ日和。しかし、国道から側道に入る道を間違え右往左往。うな君の家までの道が未だに覚えられない。Kazuさんの方が詳しいくらいでちょっと恐縮。妻の実家までの道と合わせて七味には鬼門と言える。

聴き始めは他人のシステム故どうしても違和感がぬぐえないが、聴き進むうちに慣れて気にならなくなった。
前回はどうにも低音が不足しているように感じたものだが、今回はその辺りが割と改善されて音の量感もアップ。随分と聴きやすい感じ。
全体に繊細で、透明感のある出音。とはいえ、響きは整理され過ぎた印象も抱いた。この辺りうな君も本意ではないようだが、うな君の音の好みの傾向なのかとも云えるように思う。純米大吟醸のように磨かれ、雑味の無い音、と評するべきか。この辺り、我が家の音と比べると録音時の暗騒音バックノイズが聴こえてこない感じともいえる気もする。このようなスッキリとした佇まいの音は七味宅では逆立ちしてもバク転しても出てこない音で、全く羨ましいとしか言いようがない。

うな君のところに行く前に腹ごしらえと立ち寄った8番らーめん。物凄い混みようにビックリ。ここのラーメンは学生時代によく食べていた懐かし青春の味。チェーン店でもお店によってお味が異なるところもある中、ここは大体どこに行ってもほぼ同じクオリティのものを提供している。30年前と変わらない美味しさだった。
そこで事件が!
「○○様、2名でお待ちの○○様」と呼ばれて店員の案内した席に着こうとした瞬間、別の二人連れのお客がその席に座った。一瞬、エッと思ったが、名前を店員に告げる。確認するとその別のお客さんも同じ○○さんだった! こんなこともあるのかとビックリした。

家に帰ると娘はぐっすり眠っていた。妻に聞くとだいぶ汗をかいたらしく、少し楽になったようだ。
そんなわけでアメリカの土産話はもう少し先になりそうでちょっと残念な気もする。早く良くなることを願う両親でした。