2020年1月17日金曜日

再起を図るべく・・・

相変らず腰の具合は良くない。腰を庇うせいで背中がバキバキに凝ってしまっていて姿勢がどうしても前屈みに。するとさらに腰に負担が↑という負のスパイラル。
そんなわけで仕事は無理と判断し、今日も一日お休みを頂き接骨院へ。先生も笑っちゃうくらいのバキバキさ加減。ちょっとないくらい身体が硬いですね、と言われてしまった。
接骨院から帰っても依然として腰の違和感はあり、あまり俊敏には動けない。この週末は無理のない範囲で習ったストレッチをしつつ過ごすことに。週明けにはなんとか仕事ができるようになりたいもの。
来週は誕生日だというのにこの体たらく。何やってんだオレ?

今日は久しぶりにユーミンを聴く。
80年代から90年代初めのユーミンはやっぱり凄い。恐れ入るばかり。

オーディオどころではないのだけれど、音楽を聴く時間だけはたっぷり、ぷりぷり。
不満、というほどではないが、音楽を聴いていて気になるのは音量を少し絞った状態で聴くと、ある程度の音量がある時に比べて精彩を欠くように感じること。音量が小さくなると低音域と高音域が足りないのだろう。これをEQで解決することもできるだろうが、どうしようか思案中。
ま、この思案中ってのも楽しいのだけれども。


2020年1月16日木曜日

腰はどうにも Karajan LvB 3 ('84)

昨日は痛みを堪えつつフルタイムで仕事をしてきたが、今朝はどうにも腰が痛い。座っている分には痛みはないけれど、椅子から立ち上がろうとすると身体に激痛が走り抜ける。頸を前に傾ける(要はお辞儀ですな)とビビッと腰に響く。
で、結局今日はお休みを頂いた。痛み止めを服用してもこの痛みは去らず。携帯カイロで背中を暖めつつ音楽を聴いて過ごしている。痛みだけで発熱はないのに解熱鎮痛剤のカロナール錠を飲んでいるせいか、身体が冷える。特に手足が冷たい。毛糸の靴下を2枚重ね履きしている。

先週の風邪の時は全く音楽を聴く意欲も湧かなかったが、今は猛烈に音楽が聴きたい欲求に駆られている。もう一週間ほどロクに音楽を聴いていない。
腰の痛みを堪えて布団をあげリスニングチェアに座る。背中にクッションを充てて気持ち身体が起きるようにしてスタンバイ完了。

さて何を聴こう?
こんな時は何かトンデモなく強い意志を感じさせるような曲だ。
ということで先日届いた、カラヤン/BPh.によるベートーヴェンの”エロイカ”を。84年のDG録音。
整然とせず、録音も含めて何だか微妙にとっちらかった感じの演奏。
晩年のカラヤンの形振り構わない感じの指揮に好感が持てる。決して格好良い演奏ではない。

これでカラヤンによるデジタル録音のベートーヴェンが国内初発盤に輸入盤、OIBP盤取り交ぜて、ではあるが全部揃ったことになる。
ベートーヴェン生誕250年記念の今年。ベートーヴェンの音楽を聴く機会も増えそうだ。




2020年1月14日火曜日

NFLはディビジョナルプレーオフ SB予想

日曜日の夜中に発症したギックリ腰。痛み止めを飲んで何とか出勤したものの、腰への負担は大きく、残りの代休を頂いて午後は休んだ。寝ている状態から起きたり、椅子からの立ち上がりには痛みがあり、少々難儀だが、起きてしまえば割と動ける。痛み止めが効いているうちは良いが切れてくるとやはりツライ。
病院でやや強めの痛み止めを頂いてきた。

さて、1月に入ってNFLはプレーオフに突入。先週はワイルドカードプレーオフ。今週からはディビジョナルプレーオフ。いよいよ第1・第2シードのチームが登場する。
NHKBSではプレーオフは全試合放送してくれるので、録画して観ている。ワイルドカードは下位シードが上位シードを喰うことが多く見応えアリ。我らがシアトルもフィラデルフィアを破りディビジョナルプレーオフで第2シードのグリーンベイと激突する。
ディビジョナルプレーオフはここまで2試合。NFCはサンフランシスコvs.ミネソタ(@サンフランシスコ)、AFCはボルティモアvs.テネシー(@ボルティモア)。NFCは順当に第1シードのサンフランシスコがカンファレンスチャンピオンシップに勝ち上がったが、AFCは第6シードのテネシーが第1シードのボルティモアを終始圧倒。カンファレンスチャンピオンシップに進出した。何よりも相手ディフェンスがデリック・ヘンリーというランニングバックを止められない。これでテネシーはタイムコントロールが圧倒的にしやすくなり、攻撃時間も計算できる。するとディフェンスも消耗せず、試合終盤も強さをキープできる。王者ニューイングランドを破り、第1シードをも破ったテネシー、是非スーパーボウルで観てみたい気もする。

ちょっと遅くなったがSB予想。
テネシーvs.サンフランシスコでサンフランシスコ、かな?



2020年1月13日月曜日

最悪ぅ~

最悪である。ぎっくり腰。
昨日の夜中、というか日は変わって午前。布団を敷こうと思って布団を持とうとしたらやって来た。

”グキり”
まあ、そんな音はしないのだが音がしたように感じる。
なった直後は少々痛む程度だったが、朝になって激痛に。起き上がるのにも一苦労。
モノを持とうとしなければ何とか動けるか。
週末に風邪で寝込んだのが良くなかった。

明日から仕事。身体が重い以上に気持ちが重い。

2020年1月11日土曜日

風邪ひいた~。

木曜日、正月休み中の出勤の代休を半日頂いて帰宅した七味。特に用事もなく、ぼんやりとテレビを観たり音楽を聴いていたが夕方になって鈍い頭痛がしてきた。いつもの副鼻腔炎からくる頭痛かと思っていたが、次第に歯も痛くなり、終いには咽喉も痛い。こりゃマズイと布団に入ったが、頭痛はひどくなるばかり。夜になって熱も出てきた。翌、金曜の朝も熱があったので職場に連絡して、一日お休みを頂いて、身体を休めた。この前歯科でもらった解熱鎮痛剤があったのでそれを飲んで休んでいると熱は午後には下がった。まあインフルではなかろうと思うが。
しかし、今日になって少し体調は良さげだが相変わらず頭はイタイし、身体も怠い。といって横になって寝てばかりでも宜しくないので、身体を起こしているが、こんな時は音楽を聴いても全然楽しくない。

今日は鏡開き。開くといってもプラスチック容器の鏡餅をひっくり返して底のシートを剥がして中の個包装になっているお餅を取り出すだけ。
お昼は大根おろしを絡めて辛み餅?を娘と食べた。

皆さま、風邪にはお気を付けください。

2020年1月4日土曜日

正月休みもあとわずか

本日2度目の休日出勤日。午前半日だけだが思っていたよりシンドイ。午後からはイトコのうな君が来る予定だったのでさささっと仕事を終わらせ帰宅。夕方からは歯科受診とのんびり七味にしてはタイトなスケジュール。
いつもは辛口コメントのうな君からは比較的好意的な感想を頂いた。”(帯域間の)バランスが良くなった””ウチでは出ない音””全米が泣いた”などなど。オーディオは自己満足の趣味と感じているが、それでもおせちにも褒められるのは嬉しいこと。
うな君、忙しい中来てくれてありがとうございました。

さて、年末から始まった歯科治療。年が明けて本格的な治療が始まった。虫歯が何本かあるとのことで、まだ神経のある虫歯から治療します、と先生。麻酔をかけてもらって治療開始、と思ったらガツッと激痛。追加の麻酔をしてもらって再開。治療後、先生からはかなり大きく深い虫歯でしたとのこと。
額関節症で大きく口が開けられない七味。全開で大口を開けている積もりだが歯科衛生士のお姉さんからは、頑張って開けてくださいねーと言われ、鼻呼吸もままならない状態。麻酔とガッツリとドリルで削ってもらったことで、もうゲッツリとやられた感。今後の展開を考えると気が重い。
そしてこの先生、治療中のツイートが多い。”参ったなぁ~””う~ん、ダメかなぁ~””弱ったなぁ~”などなど。先生の思いダダ洩れ状態。同じ歯科に通う妻と、”囁き歯科医”だねーと噂し合っている。


2020年1月3日金曜日

オーディオ事始め 

このお正月は、といっても例年特にすることも無くて。
だいたい、お酒を飲みながら本を読んだり音楽を聴いたり、録画したテレビ番組を観たりしながら寝落ちして・・・というのが通り相場でして。
ネットのニュースで帰省ラッシュが始まるなんて読んで、大変だなぁと思う程度。それでも学生時代の福井と12年ほど前に郡山にいた、それぞれ3年間は七味も帰省というのをしていました。学生時代は列車でしたし、言っても裏日本。それほど混雑もなく苦労はしませんでしたが郡山の場合はコッチ(新潟)に帰る時も、郡山に戻る時も結構大変だった思い出があります。
高速道路を使っても5時間半ほどの道程。しかし雪に大いに悩まされました。ある時は夜中、猛吹雪で十メートル先も見えない中、危うく側面の雪壁に激突しそうになったり、吹雪の中追い越したらそれがパトカーで、切符は切られなかったものの、安全運転でと注意されたりしたことも。雪による渋滞で9時間ほどかかったこともありました。今では体力的にできないだろうなあと思います。

今年のお正月は2日と4日に半日づつの勤務ですので、お酒の量は随分少ないと自分では思っていますが、昼に頂くお酒は結構効きます。職場に行くほかは、先日映画を観たくらいで特に予定もありません。出来ればグループホームに入所中の母のところに面会に行きたいところですがインフルエンザが流行中ですので、不要不急の面会は避けたいところ。まあ、連絡がないところをみると元気なようです。

オーディオの方は年末に拵えたEQカーヴの微調整からスタート。先月交換したコンセントBOXもこの2週間ほどでエージングが進んだのか、少し低音域が張り出す感じがしてきたのと、中音域がこちらも張る(耳痛い)感じがあったので少し削ったり、測定・補正したデータが正しく反映されていない帯域があったので修正してみたところ。今のところは調子は良さそうです。
久しぶりに聴いたフェネル/EWEのホルストの第一組曲(モノラル録音)はセンターにポッカリと音像が浮かぶように定位して聴きやすくなっていて、左右の拡がりや奥行きがモノラルといえども感じられるから不思議です。