Google+ Followers

2015年4月26日日曜日

ビリッと LB/NYP Haydn Box 

今日の午前中は町内会のお手伝いで近くの松林の松葉掃除。これが結構な労働でクタクタ。その後のお疲れ会ではカレー汁と採れたてのわらびのおひたしに、たらの芽とこしあぶらの天ぷらが振る舞われた。口の中に広がる山菜のほろ苦さ、瑞々しくシャキシャキとした歯触りも心地よく、春を存分に味わった。

帰ってみると、昨日注文したバーンスタインのハイドンBOXが届いていた。パリセットとロンドンセットに戦時のミサ、テレジアミサ、ネルソンミサ、ハルモニーミサ、天地創造が収録されている。DGのヨッフム盤と迷ったが声楽曲も含まれるこちらにした。ロンドンセット以外は多分初めて聴くものばかり。パリセット、イイねえ~。さすがはバーンスタイン、楽しく聴かせてくれる。録音も60年代前半にしてはこちらも瑞々しい。様式的にどうかとは思うけれどこれほど活き活きと演奏をされると参ってしまう。楽しくて聴きながらニヤついてしまう。なんだかデカいアメ車を飛ばしているような疾走感がバーンスタインのハイドンにはある。愉悦よりは爽快なんだな。

さて、このBOXにはガッカリが一つ。演奏・録音は良い。パッケージングがまるでダメ夫。12枚組だが1枚づつではなくパリ、ロンドン両セットに各声楽曲がそれぞれ1パッケージに収められている。しかも取り出し口が見開きの内側を向いている。バーンスタインのポートレイトをあしらった小洒落ものだが、これじゃあ取り出しにくいったらありゃしない。取り出そうとしていきなりジャケットを破いてしまった。呪っちゃうよ、全く。何考えてんだか、ブツブツ・・・。

この他、バーンスタインのチャイコ全集とピノックの疾風怒涛期のハイドン交響曲集も届いた。こちらはこれから聴いていく予定。感想はそのうちブログで。

う~ん、結局バーンスタインの例のBOXを買った方がお得じゃね?という思いがチラと脳裏を掠めるこの頃。そんな気もしる(=する、上越弁)。しないでもないけれど、60枚が一遍に届いても果たしてこれほどまで集中して聴くことができたかどうか。なお、シンフォニー・エディションのほうはHMVではすでに完売のようである。CBS期のバーンスタインへの興味は尽きないけれどこの辺で打ち止めとしたい。

※訂正があります。以前ブログで紹介したN響レジェンド。テレビでの放映かと思っていましたがFMでの放送でした。

SME 88697480452
パリセットのインナースリーブ こんな風に内側を向いている、非常に取り出し難い。


0 件のコメント:

コメントを投稿