Google+ Followers

2014年9月20日土曜日

ぼんくらキター!

宮部みゆきの時代ミステリー小説「ぼんくら」。そのドラマがNHKで10月から放映決定!
現在、NHKでは「おそろし」というドラマを放映中。こちらも宮部みゆきの小説が原作となっている。宮部みゆきのミステリーは現代物も良いけれど、個人的には時代物の方が好きだ。最近、宮部みゆき原作の連続ドラマが多い気がする。TBS系列では「誰かSomebody」「名もなき毒」に続いて「ペテロの葬列」がこの前まで放映されていたし、NHKでもちょっと前に「小暮写真館」がドラマ化された。どれも良く売れている本だし、話もしっかりと作りこまれているのである意味映像化しやすいのだろうか?視聴率もある程度取れる見込みがつくのかもしれない。
どれも数回のシリーズになっていて、原作に忠実と思われる。原作のディテールを壊すような設定はないので、原作を知っていて、結末がわかっていてもドラマに入り込みやすい。そうだったそうだったと原作をなぞるように観ることができる。

さて「ぼんくら」、ドラマが始まる前にもう一度読み返してみようかな。


0 件のコメント:

コメントを投稿