Google+ Followers

2015年2月17日火曜日

えッ Paavo !?

今日は普通免許の違反講習があったのでついでに1日お休みを頂いて映画でも、と思ったが良い映画がやってなかったので本屋でかなりの時間を潰して過ごした。

日曜日、NHKのEテレでドイツ・カンマー・フィルとパーヴォ・ヤルヴィ(PJ)の演奏会を中継していた。メインはブラ1だったが、テレビの音を聴く限りはなんだかとてもまとまりなく騒々しい感じがした。特に変な強弱の付け方が気になった。録画もしたが、きっと見ない(もしくは寝入りばなに流し聴く程度)だろう。

今日、外出から帰ってHMVのHPを見ているとPJのショスタコの7番が出るらしい。この件は特にどうということはないのだが、紹介記事に「2015年9月にNHK交響楽団の首席指揮者となる」、とある。へッ?いつの間に?
デュトワ、アシュケナージ以来久々の首席指揮者だと思うが、ヤルヴィとはねえ、というのが自分の感想。客演実績などからいっても妥当だとは思うけれど、それをいうなら、もっと早くに準・メルクルあたりを引っ張って来ても良かったんではないかと思う。もしくは若い日本人指揮者とかね。などと思ってN響のHPで調べたら、デュトワとアシュケナージは音楽監督でした。首席指揮者というポストは今までなかったみたい。常任指揮者というのは前に何人もいたようだけれど。パーヴォもオケの掛け持ちで片手間でしょうし、もう少し腰を落ち着けてやってもらえるようないい指揮者がいないものかねえ。と余計な心配をしてみました。

N響HPの指揮者のページはこちら

2 件のコメント:

  1. あれれ、ご存じなかったの?
    ちなみに、先日の定期でやっていたタコ5、出せる音という音全部出し切った秀演でした。(爆演のカテゴリーかとも思ったけど、もう少し冷静なベクトルの演奏だった。)

    返信削除
  2. すいません、まったくのノーマーク。
    まあどうということもないのですが、ネタとして・・・。

    返信削除