Google+ Followers

2015年9月20日日曜日

お酌とリレーと魚の骨

世間さまはSW真っ只中。ご多分に漏れず自分も5連休なのだが、連休明けの発表用資料の作成で大忙し。
今日は、地区の運動会。隣組を赤・青・黄・白に分けて行われる。ウチは白チーム。今年は老若男女200人以上が参加したとのこと。とはいえ一斉に集まるのではなく、自分が参加する競技に間に合うように来て、参加して帰っていく方がほとんど。今年で33回目。自分が子どもだったころに始まったと記憶するが、よく続いている。‟もうやらなくていいんじゃね?”という意見もあるが、半日のことだし、結構楽しい。
結果は昨年4位(最下位)だった我が白チームが青チームと同点1位となり最後、ジャンケンで勝って見事優勝。なんといっても熟年お酌リレーの1位が効いた。爺ちゃん婆ちゃん、まだまだ健在であったな。

今日は涼しかったがしかし、日差しが強かった。午前中外にいただけで顔が真っ赤に日焼けした。
午後は妻の実家のお母さんが2泊3日の予定で遊びにいらっしゃった。お元気そうで何より。

夕飯は焼き魚。すると魚の骨が咽喉に刺さった。自分でいうのも何だけれど、七味はこの、咽喉に刺さった骨を取るのが得意中の得意である。商売にしたいくらいの腕前。実は刺さったといってもブスッと刺さっている訳ではなく、咽喉といっても口の奥、舌の後ろといった感じで深くないことがほとんどで、引っかかっているといった感じ。
刺さった骨の取り方はこう。まずは刺さった骨の確認。むやみに取ろうとしてもオエオエしてなかなか難しい。ペンライトで口の中を照らしつつ、割ってない割り箸の幅の広い方(お医者さんで舌を押さえつけるアレの代わり)で舌を抑えつける。この時、舌を少し前に出してもらうと見やすい。ちょっとオエオエくるが我慢。すると、あったあった。引っ掛ってた。骨が確認できたので、ここからは妻にお願いして(自分では取りにくいので)割りばしでつまみ取ってもらって終了。3センチほどの骨でした。結構な大物。
さて、骨が引っ掛かった時はご飯を丸飲みするとよい、などとよく言われるが、ご飯は窒息の原因の第2位。ちなみにお年寄りや子どもに窒息が多いのは歯(特に奥歯)が少ないのが原因。よく噛まない(噛めない)まま不用意に飲み込んでしまうからだ。
骨を取ろうと沢山のご飯を一気に飲み込むのは危険な行為。皆様お気を付けくだされ。

2 件のコメント:

  1. ★★★(3へえー) 
    勉強になりました。当直のときに急患の℡が掛かってきたら、アドバイスしてみます(笑)
    なんせ、うちは耳鼻科の常勤医がいないもんで。

    返信削除
  2. うな君
    それは止めてね。責任持てないから。自分でやってみてね。
    しかし、今日はずいぶんと日焼けしたよ。明日は車検Week。
    そうそう、PCにCDリッピング→iPhoneへ、やってます。いまのところ寝る時のBGMくらいしか使い道がないんだけども。

    返信削除