Google+ Followers

2015年8月12日水曜日

30年

今日、8月12日は日航ジャンボ機墜落事故から30年。30年前の今日もなんだか蒸し暑かったこと、夜になって飛び込んできた臨時ニュースを食い入るように見ていたことを思い出した。というのも発表された乗客名簿、カタカナ表記のそれに親戚の名前があったからだ。見えもしない群馬県御巣鷹山の方角を見やり、心配で胸が張り裂けそうであった。幸いにもその親戚とは連絡が取れて、同姓同名の別の方であったことがわかった。家族一同随分と肝を冷やしたあと、ほっと胸をなで下ろしたことを覚えている。
今思い返してみると、しかし、我が家とは別のご家族が悲しみに暮れることになった訳で、なんだか申し訳なさと言い様のない無常さを感じてしまう。先日NHKでは墜落現場の確定、発見まで16時間もかかってしまったことの検証番組を放送した。もっと早くに墜落現場が判明していれば事故に遭われた家族が助かったのではないかという思いが拭い去れず苦悩するご遺族の姿がそこにはあった。
何ともやりきれないし、30年という年月を考えるといたたまれない思いがする。

皆さんはどんな思い出をお持ちだろうか?


0 件のコメント:

コメントを投稿