Google+ Followers

2016年5月28日土曜日

O.Klemperer WAM Sym.35,36,38 「魔笛」序曲

moleさんからのご紹介シリーズ第2弾。クレンペラーのモーツァルトです。39番をご紹介いただいたのですが、七味は持っていません。が、これを機会にクレンペラーのモーツァルトも聴いております。久しぶりに聴いたがやっぱりクレンペラーはスゴイ。凄いとしか言えねえ~。
このディスクを一聴、聴いてクレンペラーとは判るめぇ~。クレンペラーらしからぬ躍動感溢れる演奏。いやちょっと暴れ気味ですらある。なにがあった?
録音は36・38番がキングズウェイホール。35番はアビィロードスタジオとなっている。ここでデータ(画像2枚目をクリックで拡大)を見るとおかしなことになっている。

1964年3月と4月にハフナーの第1楽章がキングズウェイホールで。60年にハフナーの第2楽章~第4楽章とリンツの第1楽章がアビィロードスタジオで録音されていることに。さらに56年にはキングズウェイホールでリンツの第2楽章~第4楽章とプラハの第1楽章が録音されている。で、62年にプラハの第2楽章と第3楽章に魔笛がキングズウェイホールで録音となっている。どうゆこと?

多分、種明かしはこうなのだろう。
元々「魔笛」序曲を頭にもってきてハフナー、リンツ、プラハの順だったのだろうが魔笛を最後に持ってきたためこのような間違いとなったのではないか。「魔笛」序曲は多分全曲から抜いてきたものだろうし、「魔笛」の録音は64年の3月とされている。

まあ、間を開けて録音することはあるだろうが、会場まで違うということはこの当時ではあり得ないとは言わないが、まず無いだろうと思う。




0 件のコメント:

コメントを投稿