Google+ Followers

2016年9月10日土曜日

来来! うな君 C200xをイジル

今日は夕方からイトコのうな君が我が家に来ている。なんでも本家筋の法事があるとか。夕食はビール片手に寿司をつまんだ。これを口実に何か美味いもんでも食いたいなあと思い、なんとなくすき焼きも良いかな~と考えていたが何だか暑いし、準備も大変。ということで寿司ということにした。たまにはこうした持ち帰り寿司も良いものだ。

持ち帰り寿司、というと伝説のアクシデントが我が家には、ある。
その昔、母が何かのお祝いで持ち帰り寿司を買って帰ってきた。そのころの我が家は3世代7人家族であったから寿司も大きなプラスチックの桶2つくらいにはなったと思う。そこに妹が何だかを買いに連れて行ってほしいと母に頼み、母は「じゃあ、このお寿司を家に運んで頂戴」と妹に頼み寿司をクルマの屋根に置いた。が、妹はそれを忘れて一緒に買い物に・・・。寿司は、どこかの道路にぶちまけられたに違いない。帰って寿司のないことに気が付いた母は大激怒。電話で警察に「お寿司どこかに落ちていませんでしたか・・・?」と。
まあ、そのあとの母親の不機嫌なことと言ったら・・・。3日は目がサンカクになってましたね。

お酒も入って気持ちよくなり、ホルストの「惑星」やサントラ、ジャズのCDを聴くと、アキュフェーズとの相性がバッチリ。うな君の助言に従って、ハイパスフィルターをかけたほうが大人しめのクラシックでは音のエッジが柔らかく、やや奥に引っ込んだ印象に変化。サントラやジャズではハイパスフィルターをかけないほうが押し出し強く聴感上、良い感じとなりました。
C200xはEQの調整をしていないこともあってやや刺激的で耳痛い音ながら音の勢いがあり密度濃い音楽を奏でてくれるなぁ、と改めて出来の良さを認識。これまでは多機能ではあるもののスイッチが多すぎるのとその機能の表示が小さすぎて読めず、使っていなかったが音楽に合わせてセッティングすると一段と良いアンプに思えてくる。
ここで一つの不安が。C36が帰ってきて、C200xより音が悪かったらどうしよう。なんかそんな予感がしてしょうがないこの頃。

6 件のコメント:

  1. 七味とうがらしさん、こんばんは。
    マッキントッシュとアキュフェーズ、二つの異なる個性なので両方とも所有してしまってはどうでしょうか?ほんの短期間、自宅にC29とC240が同時に在った時、どっちも魅力的で一つに決められないなあと感じました。(僕の場合、両方、借り物でしたが。)
    と同時に、現代のプリアンプと比較すれば、両者は相通ずる音(いわば70年代の音)がするとも感じました。個人的にはプリアンプの音の支配力はとても大きいと思うので、気分に合わせて使い分けも楽しいと思います。

    返信削除
  2. おはようございます。
    悪魔のささやき。ちょっと脳裏を掠めましたね~。
    最初はリリーフ機、くらいの思いでしたがなかなか魅力的に感じてきました。今すぐ、というわけにはいきませんが2台持ちは魅力的企てですね。
    ただ、アキュフェーズも部品の調達困難で修理に応じられない故障もある、ということで考えてしまいます。

    返信削除
  3. お寿司ごちそうさまでした。おいしゅうございました。
    フィルターの件、8Khより下の帯域に効いているような気がするが、いかがでしょう?
    時としてグライコ以上に影響があるねえ>

    返信削除
  4. こちらこそ、ありがとうさんでした。
    8kHzより上じゃない?でもそうね、雰囲気随分変わったね~。ぐっと落ち着きました。

    返信削除
  5. おはようございます。ご無沙汰しています。
    かなり涼しくなり、いろいろと取り組みやすくなりました。オーディオも少しずつかまっています。それで、良くなっているのかどうかわかりませんが・・・
    音楽を聴きながら、今週も過ごしたいと思います。

    返信削除
  6. こんにちは
    こちらはすっかり風邪をひいたようで、今日は半日休みました。
    なんだかしっくりしてきましたアキュフェーズですね。明らかに分解能はアキュが上でしょうね。ただやっぱり派手な音は好みではないです。

    返信削除