Google+ Followers

2017年11月24日金曜日

母は元気

もうすぐ12月。昨年のブログを見ていたら昨年のちょうど今日、関東で初雪、とある。今年が寒いわけではないらしい。
今日は母が入所しているグループホーム恒例の家族交流会に行ってきた。例年10月の開催なのだが今年は1か月遅い。この時期は天気が荒れたりすると入所者の方々の移動が大変だ。
系列の5つのグループホームの入所者とその家族、職員が集まって交流を深めるこの会。毎年できる限り参加させて頂いているが、いつも思うのはホスピタリティに溢れている、ということ。入所させて頂いたのも何かのご縁。有り難い話である。
その母も昨年の暮れから今年の春先にかけて腸閉塞で2回の入院・手術と一時は覚悟もしたが、久しぶりに会った母はかなり元気。もう満足に喋ることはかなわないが一生懸命何か口に入れる仕草を繰り返していた。力も強くてまだ当分の間お迎えは来なさそうである。

今日、驚いたのは嚥下食の出来映えの良さ。ちょっと前まで嚥下食というとミキサーを掛けたものがほとんど。野菜もお肉も見た目はそのままに箸で簡単に切れるほどの柔らかさ。

例年、この会には思い切って1日有給休暇を頂いて参加する。お酒も出るし、当然頂くのだが、生憎の荒天。この嵐の中を駅まで歩くのもイヤだし、寒いので自家用車で行った。
出掛けるまで時間が少しあったので、昨日に引き続きEQの調整をした。およそのカーヴは描けたので、中音域~高音域にかけて耳障りな周波数を探して叩く作業に。
この作業で使うチェック用のCD(とはいっても普通の音楽CD)はよく聴くジャンルとしてオケ物が多い。けれども特定の周波数を見つけ出すには音数が多すぎてスペアナを見ても分かりにくい。今日、気まぐれにかけたゴンチチのCD、これが音数が少なくてピーキーな周波数を見つけ出しやすかった。これは盲点。
夜には娘に手伝ってもらってアンプの下にタオックのボードを敷いた。良くも悪くもタオック。ググッと安定感が増す。特に低音域。低音域が安定することで中高音域が決まってくる。

母の嚥下食
柔らかく調理してあり、舌で上顎に押し付けるだけで潰れる
食感は健常者には柔らかすぎるが味は変わらず


4 件のコメント:

  1. いまどきの軟飯、よくできてるらしいねえ。うちのHPでも有料メニューで提供してます。

    返信削除
  2. おはようございます。
    お母さま、お元気で何よりです。
    時雨模様で冷えびえしていますが、この時期なのでしかたなし。
    それにしても1年過ぎるのがはやいです。そうしたなか、こつこつと手を加えて音響改善をするのが楽しみです。

    返信削除
  3. うな君 おはよう。
    そうなのよ。スゴイよね。会場のホテルのお弁当でコレは素晴らしいです。

    返信削除
  4. Kazuさん
    おはようございます。
    しかし寒いですね。こちらは雷がスゴイです。窓際のオーディオが心配です。
    1年が経つのは本当に早いですね。母も無事に歳を越せそうです。

    返信削除