Google+ Followers

2018年5月22日火曜日

泣けた! 

このところ話題の日大アメフト部の悪質タックル事件。日本のマスコミがアメフト、アメフトと騒ぎ立て、アメフトの文字が新聞朝刊の一面見出しにくるなど夢にも思わなかった。
アメリカンフットボールは各種球技の中でも選手全員がヘルメット、プロテクターを着用する唯一の競技だ。それは身体的接触を伴う球技は多くあるが、意図的に接触することが許されていることを意味しており、選手は常に怪我と隣合わせだ。それだけに不必要なラフプレーは厳に戒められている。

今日、当事者である日大アメフト部の学生が記者会見をした。
当初から学生の独断によるものではないと思われたが、やはり監督、コーチからの命令であったようだ。
あのような反則行為はゲームの流れの中で起きるものと異なり、パーソナルファウルと呼ばれ、反則によるペナルティの中でももっとも大きい15ヤードの罰退となる。15ヤードの罰退を伴う反則は試合の結果を左右しかねない大きな反則で、通常、そのような反則を起こした選手は監督やコーチに怒られ、サイドラインに下げられる。今回そのようなことは無かった。それはつまり、監督やコーチがその反則行為を容認していたことになる。

会見で学生は「(自分には)アメフトを続けていく権利はないと思っている」と述べた。このような思いをこの学生に抱かせ、傷つけるに至った大人の都合、というものに憤り、悲しいとさえ思った。
会見中の彼は全く堂々としていた。取材会見の場からそそくさと立ち去った監督とはエライ違いだ。
彼は全く悪くない。悪いのはいつも大人だ。


0 件のコメント:

コメントを投稿