Google+ Followers

2017年6月11日日曜日

Ozawaのダフニスとクロエで大いに溜飲を下げ、アジフライに頬っぺたが落ちた

小澤、最高にいいじゃないか!

先日購入したエドゥアルド・マータとダラス響のダフニスが七味的には期待外れに終わり、何だか欲求不満であった七味。
日曜日に戸田ブ上越店の中古LPコーナーを物色していると小澤征爾とボストン響のダフニス全曲のLPを発見。レゾナンスシリーズの国内盤ながら盤質良好、値段も財布にお優しいこともあって、即購入。これが大当たり。久々のスマッシュヒット。

なんとも思い切りのよい颯爽としたダフニス。若きオザワの凄さを実感。それになんて瑞々しいオケの響き。オケと指揮者との呼吸も集中力もバッチリ。オケも演奏する喜びに溢れていて、この曲の持つ官能性と歓喜と相まって高揚感がハンパない。全員の踊りではそれが爆発する(ホント爆発って感じなんです)。
録音は74年10月。ボストン響の音楽監督に就任したのが73年だから、就任直後の録音ということになる。この演奏を聴くと、その後29年もの長きに渡ってボストン響を率いたのも頷ける。納得。音楽監督就任当初からオケとは相思相愛だったことがわかる。

B面の内周ギリギリまで溝が切ってあって、音質的にはちょっと苦しいが、それを補って余りある音楽の素晴らしさ。CDでも十分好録音だろうと思う。聴いて損は絶対に、ない。断言しよう(珍しい!)。

ホントはこんな演奏をマータに期待してたんだけどさ。

さて、今日の我が家の夕食はアジフライ。揚げ物は揚げたてが一番だ。しばらく控えていたビールと一緒に。

午後はオルトフォンに変えて

DG 15MG 3082
レゾナンスシリーズは音が良いものが多くハズレは少ない印象

もちろん七味が揚げました
キャベツは千切りの袋入りのヤツ

2 件のコメント:

  1. 七味とうがらしさん、こんばんは。
    アジフライ美味しそうですね!
    小澤さん、ボストン響の音楽監督就任した頃の演奏は鮮度抜群で良いですよねぇ。ブラームスとマーラー、それぞれ1番を組み合わせた2枚組のLP持ってますが、いまだに愛聴盤です。躍動感に溢れて緊張感も高く良い演奏だと思います。

    返信削除
  2. ばけぺんさん こんばんは。
    七味もブラームスとマーラー、持っていますよ。へぇ、2枚組ってのがあったんですね。
    マーラーは1番の中でもベストかもです。3楽章のコントラバスの上手さといったら・・・。
    揚げ物は控えなければならないのですが、週1回くらいは食べたいです。あ、そういえば昨日も天丼だった! 失敗っ。

    返信削除