Google+ Followers

2016年12月14日水曜日

G.Holst Perfect Fool A.Boult / LPO

いよいよ里にも雪がちらほら舞い始めた。海沿いのわが家の辺りはその程度だが、街を(もちろんクルマで)走っていると、対向車の中には薄っすらと雪を積んだクルマもちらりほらり。

G.ホルストのディスク。Double Deccaの‵The Essential Holst‵ いわゆるコンピレーションアルバムというヤツなんだが、これに収録されているパーフェクト・フールという曲が出色。傾向としては惑星に似ているが、もっと狂乱的で退廃的。なにやら元々は歌劇「The Perfect Fool」(どこまでも馬鹿な男)の冒頭のバレエ音楽、らしい。が詳細は不明。長さは11分ほどと短いがとても聴きごたえのある曲だ。惑星大好きな方ならきっと気に入る、と思う。
演奏はA.ボールト/LPO。61年、キングズウェイ・ホールでの録音。またこの録音が素晴らしい。やや古さはあるが瑞々しく懐の深い響きで、演奏に華を添えている。レコーディング・クルーの記載はないがウィルキンソンか?

ネットで見ていて驚いたことが、スクロヴァチェフスキが脳血管疾患で手術を受けたというニュース。ミネソタ管のFBから。11月中旬のこと。容体は安定しているようだけれど、年齢が年齢だけに心配である。

DECCA  444 549-2

Disc2には娘のイモージェンによる合唱曲が収められている

0 件のコメント:

コメントを投稿