Google+ Followers

2014年6月30日月曜日

う~ん。Behringer‼

ようやくの梅雨らしいお天気。降ったり止んだりだが久しぶりの雨模様。しかし春から雨が少なく、ダムの貯水量も例年に比べてかなり少ないとも聞く。

さて、ベリンガーである。DEQ2496はデジタルイコライザー。
大がかりなスピーカーの配置変えをして1年ちょっと。調整に調整を重ねてようやくある程度納得のいく音になったと思ったら、再びのベリンガーの故障。
導入して5年ほどになるだろうか。現在、2代目(2台目)である。初代は突然、電源をいれても正常作動しなくなった。修理よりは買い替えの方が安く上がる(新品で2万5千円ほど)、ということで2台目を購入した。2代目になってまだ1年3か月しか経っていねえんだけどねえベリンガーさんよお~。
前回はEQのメモリが呼び出せないというEQにとっては致命的な故障だったが今回は出力側のコネクト端子の接触不良。ベリンガー側はXLR端子だが我が家のアンプ側はRCA端子。よって変換コネクターを使用しているので、直接差し込むより負荷がかかったのだろう。
しっかり固定すれば症状はでない。現在は応急処置として食器用スポンジを左右の端子の間に挟んで固定してみた。
もう一つ、左右の音量の差の件。やはり左右で音量に差が出ているように聴こえる。実は今回、EQカーヴの調整にあたって右チャンネルを少し持ち上げてみたがあまり効果はない。時間が経つと音量の差は解消するようだ。オーケストラ曲などはあまり気にならないけれど、コンチェルトや室内楽では気になる時がある。こうなるとアンプが原因だったのか怪しくなってくるなあ。

しかし、このところ故障続きである。先般アンプを修理したこともあって、買い替えようにも財政的に苦しいので少し様子を見ようと思っている。データは忘れずにとっておこう。

画像は上から以前のカーヴと最近調整し直したカーヴ。XLR端子を固定している様子。コネクタ(銀色のもの)の下にもスポンジを入れて持ち上げている。スポンジによる音への影響は少し騒がしさが抑制されているように思う。














4 件のコメント:

  1. こんばんは。
    業務用の機材なので、あまり太くて固いケーブルを使う前提にはなっていないのでしょうか…。
    困りますね、こういうトラブルは。
    もしかして、3台目に突入…ですか??

    返信削除
  2. DAC買ったらいいのでは、て難しいか?

    返信削除
  3. ALBL さん こんばんは。
    業務用にしては耐久性・信頼性ともに問題が多いです。でも価格と使い勝手が良いので困りもの。
    3台目? 考えてみますか?

    返信削除
  4. うなぎさん こんばんは。
    DACねえ。余裕なしです。すいません。

    返信削除