Google+ Followers

2016年8月23日火曜日

緊急事態 O.Klemperer Eine Kline Nachtmusik

今日は朝から非常事態。エマージェンシー。
明日、地域の会合で仕事に関連したちょっとした講演が予定されている。資料はパワーポイントで作成済み。今朝職場のPCで印刷しようとCD-Rをセットするも何故か読み込まず。PC再起動してもダメ。何度か繰り返すも全く読み込んでくれない。そうこうしているうちに、誤ってディスクをフォーマットしてしまったらしく、パワーポイントのデータが全部飛んでしまった。

資料はパワーポイントにして40枚。これは困った。昨日までは何の問題もなく読み込んでいたのに急にダメになるなんて。しかもデータも消えちまった。これが3日前なら何とかなるが今日の明日では・・・。頭の中は真っ白け。冷や汗どころではない。大量の汗。血圧も高そうな感じ。頭がグルグル回るグルグル回る。
今回の講演は職場の上司(しかもかなり上)からいただいた話なので、今更できません、とも言えないし・・・。謝礼、もう持ってきちゃってるし、上司。結局直属の上司に事情を話して、自宅PCにはある程度作成した資料があったハズ、と午後に年休をいただき帰宅。自宅PCには出来上がったハズの資料の1/3ほどのデータが残っていた。とりあえずペン入れ目的でプリントアウトしていたものと照らし合わせて資料を作成。何とか出来上がった。セーフ。

しかし、こんな緊急事態は初めて。焦るどころの話ではない。頭の血管が切れるか詰まるかして死んでしまうかと思った。ホント。

で、今はゆっくりくつろぎタイム。クレンペラーのアイネクライネナハトムジークを聴いている。
う~ん、どっしり。微塵も動きそうもないほどの安定感。まるでずっとそこにある、みたいな。さすがです。
さっきまでの自分の激しい焦燥はなんだったの?ってくらい悠然とした音楽の運び。あんなに騒いでいた自分が急に恥ずかしくなってきます。
C200Xの音もそれほど派手には聴こえず、クレンペラーの音楽を一層堂々と響かせてくれている。C36よりも合っているんじゃないかな?ちょっと見直したぜC200X。

エマージェンシー、といえば現在D-life(ディーライフ)というチャンネルで「ER 緊急救命室」という往年の医療ドラマを放送中。昔ビデオテープを借りたり、NHKの放送でよく観ていたが、シーズン12あたりからはさすがに根気が続かず最終シーズンを観ずに終わってしまった。月曜から金曜まで毎日1話放送しているのを録画して観ている。
「ER」が流行ったころ、日本のテレビドラマでもそのまんま、パクったとしか思えないような「救命病棟24時」シリーズがあったがかなりユルイ内容だったなぁ。

あと、リオ・オリンピックが終わって寂しい。リオ・ロス状態。とはいえ、深夜や早朝の観戦はやっぱり身体に堪えた。終わってぐっすり眠れるのかと思っていたが、今朝も何故だか4時半ごろにパッチリと目覚めてしまった。まだ身体がリオっているようです。

4 件のコメント:

  1. 危機一髪でしたね。長い人生の中で、私も何度か経験したように思われます。だいたい3年に1回くらい、覚悟しておいたほうがよいと思っています。
    昨日は雨被害地、確認に回っていました。

    返信削除
  2. Kazuさん
    こんばんは。大雨の被害大変でしたね。
    本日無事に講演終わりました。ちょっとホッとしています。

    返信削除
  3. 汗るわな、そりゃ。
    うちもたまにシステム落ちて大騒ぎになるし。
    まあ、Macは年中落ちてばっかりだけど(笑)
    ところで、9月泊の件はいかが?

    返信削除
  4. う~ん、焦った焦った。
    9月、いいよー。いらっしゃい。アンプ直っているかわからんが・・・。

    返信削除