Google+ Followers

2018年2月2日金曜日

大腸ファイバーに行ってきた

今日は有休を頂いて、大腸ファイバーに市内の総合病院へ行ってきた。事前の診察で検査開始が午後の2時と聞いていたのでまるまる1日お休みを頂いたが、午前の最後に滑り込みセーフ。1時には終わって、昼食を取り今しがた戻ったところ。

検査は思ったよりも苦しくなくホッとした。それでもお腹のなかをグルグルとかき回す感じはやっぱり不快ではあった。高校生の時の虫垂炎の手術以来。
ポリープ2個を摘まんで(生検、バイオプシー)もらって終わり。結果はまた後日に、となった。
検査中、七味もモニターを見ることが出来た。お腹ん中はもっとまっ黒なのかと思いきや、綺麗な色。ウフフ。
検査の前に大量の下剤(約1L)に水1Lを飲みながら、便が出なくなるまで、排泄を繰り返すわけだが、下剤を飲みながら検査を待つ部屋(って、なんか非日常的過ぎて笑える)に見ず知らずの男女が、言葉を交わすこともなく各々用意された下剤を飲みつつ、時折トイレに立ち上がり部屋を出ていく。
誰も話しかけたりしない。黙々と下剤を口に運ぶ。誰か下剤をこぼしたらきっと、この場も和むのになあなどと思いつつ七味も黙々と下剤を口に。
ちょっと何だか居たたまれなくなった。

さて来週月曜はいよいよスーパーボウル。そう、月曜も有休頂いてます。四連休~。

4 件のコメント:

  1. 大腸フィーバーお疲れさまでした。
    事前準備、個室でなかったんですか。数人で黙々と薬を飲む情景は確かに居たたまれない感じがします。
    下剤を飲み切った後で水を飲みますが、水が着火剤の原理でしょうか。

    返信削除
  2. アレ、スゴイですよね。水鉄砲みたいでした(笑)

    返信削除
  3. お疲れさまでした。私も学生のころ、一度経験があります。腸をからっぽにするのは大変ですね。下剤の威力がすさまじいです。診察室とトイレがけっこう離れていたので、急ぐことしきりでした。急いでトイレに駆け込んだため、ドアに指を挟んでしまい、それなりのケガをしてしまい、その処置が大変だったことを覚えています。胃カメラの方がはるかに楽ですね。これからもあまりしたくはない検査です。

    返信削除
  4. mikotomchi58さん ありがとうございます。
    相変わらず寒いですね~。こちらは雪の予報が出ています。もうあまり降ってはほしくないのですが仕方ありませんね。
    大腸ファイバー、確かにあんまりしたくない検査ですね。毎年、なんてのはご勘弁です。でもこの歳になるとせねばならないのでしょうね。
    便潜血が摘まんだポリープが原因なのか?次回診察ドキドキです。

    返信削除