Google+ Followers

2016年6月30日木曜日

こってり

ファンの方には申し訳ない話。読み飛ばしてください。聞き捨てならぬ、という方は是非コメントを(笑)

毎朝の通勤時、クルマの中ではFMを聴いていることが多い。通勤時間帯にはNHKFMではクラシック・カフェの再放送をやっている。今日はちょうどバレンボイム指揮のベートーヴェン交響曲第1番が流れた。正直、聴いていて閉口した。

かなりクドイ演奏。フレーズの一つ一つに細かに表情を付けているのだが、その意味が分からなかった。何を言いたいのだろう?
FMで、しかも運転しながらだし、あいにくの雨が屋根を叩く音がうるさかったんで良くは聴いていないところがあるにしても、大雑把で乱暴。低弦とティンパ二がやたらとうるさい。なんだかバカにされているようで不快だ。
朝からベト1を聴いて腹がくちくなる(満腹の意)経験は初めて。朝から大トロを食わされたような気分。

バレンボイム、やっぱり好きになれない。やっぱりフルトヴェングラーの模倣にしか聴こえない。バレンボイムでなければできない、という音楽ではないでしょう、コレは。

ちな、HMVのユーザーレヴューでSKBとのベートーヴェン全集は総レヴュー数19件のうち星3つ以下が6件で31%になる。なるほどね~。

2 件のコメント:

  1. こんにちは。バレンボイム氏のベートーヴェン全集。お疲れさまでした。
    私は1番は聴きましたが、2番の途中でダメになりました。クドイに同感です。
    今日は、フェーン現象でしょうか。いやな暑さですね。こういう日はエアコン効かせて、おとなしく、音楽を聴いたり本を読んだりしているに限ります。

    返信削除
  2. Kazuさん
    こんにちは。
    暑いですね~。こちらは10時ころの最高気温ランクで全国9位。みんな日本海側でしたからやっぱりフェーン現象なのでしょうね。
    バレンボイム、やっぱりクドイですよね。乱暴な感じもします。暴れんボイム、なんつって~。

    返信削除